TOP >> トレンド

トレンド

食事後もリップメイクを崩さない! 口紅をキープするコツ5選

魅力的な唇は女性の魅力を最大限にアピールしてくれるもの。特にリップメイクは顔の印象を大きく変える重要なポイントになりますよね。
しかし口紅は食事などで落ちやすく、メイクしたての美しい状態を長時間キープするのは難しいものです。
そこで、食事をしても崩れないリップメイクのために行いたいケアや、口紅をキープするためのコツを紹介していきます。

 

毎日のケアが必須! 崩れないリップメイクに効果的なケアとは

唇が乾燥してカサついている状態では、口紅は定着しにくく落ちやすくなってしまいます。
毎日の唇ケアを日常化して、いつでもツルツルの唇をキープしていきましょう。

特にぷるぷる唇にするためにオススメなのが「唇パック」。
リップクリームやハチミツなどを唇に塗り、小さく切ったラップを当て10分ほど放置すればOKです。
クレンジング後や入浴後などの唇がキレイになった状態のときに行ってくださいね。

もう既に唇が荒れて痛いような場面には、肌に優しいワセリンを塗るケアを行うのがオススメ。荒れた唇を保護し健康な状態に導いていくことができます。

 

落ちにくい口紅の塗り方とは?

しっかりと保湿をして唇に下地を作る

キレイで落ちにくいリップメイクのためには、まず唇に下地を塗り土台をつくることが大切です。口紅下地やリップクリームなどを使って、唇に潤いをプラスしていきましょう。
しかし唇表面に油分が多すぎるのはNG。下地を塗った後は軽くティッシュオフし唇の状態を整えましょう。

 

リップペンシルで唇全体を塗る

口紅よりも落ちにくい「リップライナー」や「リップペンシル」で唇の輪郭を描いていきます。そのままライナーやペンシルで唇全体を塗りつぶしていくと、色素がしっかり唇に密着して、その後の口紅のキープ力も高まりますよ。

 

口紅をリップブラシで塗る

口紅を直接唇に塗るよりも、リップブラシに取り唇の縦シワに沿って丁寧に塗っていとより口紅が落ちにくくなります。
唇全体に口紅を塗り終わったら、しっかりティッシュで口紅をオフすることも忘れずに。
余計な油分を取り除くことで、落ちにくく発色の良いリップメイクをキープしていくことができます。
もし色が薄くなるのが気になる場合には、ティッシュオフ後にもう一度口紅を塗ってもOK。
その後またティッシュオフすれば持ちがより良くなります。

 

口紅の重ね塗りでトレンド顔に

2種類の口紅を使って、唇にグラデーションをつけるとナチュラルに唇の血色がアップして見えます。
じゅわっと内から溢れだすような血色感を出すには、グロスを塗って潤いを与えるのもおすすめです。
口紅を重ね塗りすることで色落ちも防止することができますよ。

 

あえて指で塗ってラフ感を

最近のメイクは、よりナチュラルでラフな雰囲気を出すことが主流となっています。
口紅を指にとって、ポンポンと唇へたたき込むようにして塗っていきましょう。
口紅の色を活かすには、固めのコンシーラーであらかじめ唇の色を抑えておくのがポイント。唇の余分な油分も吸収してくれるので、口紅の色をキープするにも優れていてダブルでいいコトがありますよ。


乾燥シーズンの唇は、皮がむけてしまったり、ひび割れが起こったりととてもデリケートになってしまいます。
美しい唇は女性の強い武器といっても過言ではありません。日々のケアと、唇メイクで魅力的な女性を演出してください。

 

 

 

アクセサリーを美しく保つための正しいお手入れ方法とは?

女性の美しさを際立て、ファッションにも欠かすことができない「アクセサリー」。
毎日愛用しているアイテムがあるという方も多いと思います。
しかし肌に直接身に付けるものでありながら、お手入れ方法が分からずについお手入れを怠ってしまうこともあるのではないでしょうか。
アクセサリーの正しいお手入れ方法を知って、お気に入りのアイテムを美しく保っていきましょう。

 

基本のアクセサリーお手入れ方法

アクセサリーのお手入れで守りたいルールといえば「メイクや香水をなるべくアクセサリーに付けない」こと。
化粧品や香水はサビや黒ずみ、汚れの原因になってしまいます。
メイクや香水は先に済ませてから最後にアクセサリーを身につけるようにしましょう。
海や温泉に入るような場合には外すのが基本です。

また1日身に付けたアクセサリーは、化粧品や汗・ホコリなどで汚れています。
しまう前には必ずそのアクセサリー素材に合った専用のクロスで優しく拭き取りケアを行いましょう。
細かい細工がある場合には、小さく柔らかめの歯ブラシを使って軽くブラッシングをするとさらに丁寧なケアができますよ。

アクセサリーの傷や破損が気になる場合には、なるべくアクセサリー同士が触れないよう仕切られたケースなどに収納するようにしてください。
ケースがない場合には、小袋に入れて収納するようにしましょう。

 

プラチナ・ゴールド・ダイヤモンド

プラチナやゴールド、ダイヤモンドは比較的強い素材ですが、ホコリや汚れなどが付いてしまうこともあります。
汚れが気になる場合には、ぬるま湯に中性洗剤をごく少量溶かして浸し、細かい部分は歯ブラシや綿棒などを使って磨いてあげましょう。
水でよくすすいだら、柔らかい布で水分をしっかり拭き取り完全に乾かせばOKです。

 

シルバー・真鍮

シルバーや真鍮は使い込むうちに黒ずみが起こり、それがあえてアンティークな風合いになるという特徴があります。
磨いていくとピカピカに戻すこともできますが、磨きすぎずに風合いを残していくケアがオススメですよ。

お手入れはジュエリークリーナーやシルバークリーナーに数秒浸すか、重曹と水を混ぜペースト状にしたものをアクセサリーに付けて歯ブラシなどで磨いていく方法があります。
ただ艶消し加工の施されたシルバーアクセサリーは、磨きすぎると艶が出てきてしまうこともあるので注意が必要です。

 

パール

パールは汗や酸に弱く、黄色く変色してしまうことも。
一度黄ばんでしまったパールの色は元に戻せないため、アクセサリーを外したらすぐに専用の布で拭き取るなどのケアを積極的に行い、汗をかきやすいシーンにはなるべく他のアイテムを使用するのがオススメです。


難しそうと思ってしまいがちなアクセサリーのお手入れですが、基本さえ抑えれば自分でもケアを行っていくことができます。
丁寧なお手入れをしていううちに、お気に入りのアクセサリーがさらに特思い入れの強い特別なアクセサリーとなるでしょう。
いつも肌につけるものだからこそお手入れを習慣付けて、お気に入りのアクセサリーをいつまでも美しい状態で楽しんでくださいね。

 

 

クールにキメる! 大人っぽい前髪セット

前髪は雰囲気を作る上で大きなウエイトを占めていますよね。
シーンによって大人っぽく見せたり、自然さを出したりと目的別で前髪を工夫することは大切なことです。
今回はクールかつ大人っぽくキメる前髪のセット方法をここで紹介します。
ぜひ参考にしてみてください!

 

大人っぽく見せるなら、かき上げ前髪

大人っぽく見せる前髪は「かき上げ前髪」がオススメ。
基本的にかき上げ前髪にするときは、ある程度の長さがあると仕上げやすいのですが、
いわゆる「前髪ぱっつん系」の短い前髪でも問題ありません。
コツを掴めば好きにアレンジしていくことができますよ。

 

かき上げ前髪を作る方法

  1. カーラー、ヘアアイロン、コテ、スプレーを準備する
  2. ヘアアイロンを温めている間、前髪にカーラーを巻いておき、ヘアアイロンで内巻きにする
    このとき立ち上げを意識しながらヘアアイロンをあてるのがポイントです。
  3. コテを使ってねじりを入れ、ナチュラル感を出します。
  4. スプレーでキープすれば完成

 

流し前髪で大人っぽい雰囲気にプラスしたアレンジに

前髪を流す方向を変えるだけでも、印象を変えることができます。
ぱっつん系のままでも大人っぽい雰囲気になる人もいますが、
右側に流すのと左側に流すのでは雰囲気が変わってくるので一度試してみてください。

髪の流す方向で自分の雰囲気が変わるのが分かったら、
気分に合わせてセットを変えて楽しむことができますよ。

流し前髪はドライヤーを使った方法と、ヘアアイロンを使った方法があります。
ドライヤーを使う場合は、カーラーで前髪を上下に分けて巻き、
ドライヤーで冷風をあてて手ぐしで好きな方向に流してセットして下さい。

ヘアアイロンを使う場合は、髪をきっちりと流して安定させることができます。
コツはヘアアイロンをあてる前に、流したい方向と逆に前髪を引っ張っておき、
ヘアアイロンをあてて、流していきたい方向に巻いていくことです。
そうすることで、しっかりとした流し前髪を作ることができますよ。

 

フェイスラインを意識して自分に合った前髪を

自分のフェイスラインが意識できるようになると、
どんな前髪にしていけば良いのか分かりやすくなりますよ。

丸顔系なら縦のラインを強調した前髪にしましょう。
前髪を長くしたい人はセンターで分けるのがオススメです。

面長系なら横のラインを意識した厚めのある前髪にしましょう。
センターわけは縦のラインを強調してしまうのでNGです。

逆三角形ならボリューム感のある前髪にしましょう。前髪に動きをだすのもオススメです。
ベース型ならデザイン重視で、あまり前髪を厚くしないようにしましょう。
長めのセンターわけや、前髪を横に流してもよいでしょう。

このように、前髪セットにはフェイスラインをごとにコツがあります。
それでも迷ったときは、流し前髪を選んでみて下さい。

流し前髪なら、自分のそれぞれのフェイスラインに合わせたアレンジができますよ。

 

この冬人気の前髪セットは?

この冬はかき上げ前髪よりも、流し前髪+ナチュラルヘアーをセットにするのが流行しています。

流し前髪が流行しているのは「時短がしやすいから」という理由が大きくあり、
またナチュラルヘアーを組み合わせることで、どこか無造作な雰囲気を出しつつ格好いい「エフォートレス」なスタイルが演出されます。

かき上げ前髪も根強い人気があります。
フォーマルなシーンでも充分に対応できるので、必要に応じてセットを変えるのもアリです。

前髪は簡単に違った雰囲気を演出できるツールです。
ぜひいろんな前髪のセットの方法をためして、自分のレパートリーに取り入れていきましょう。

 

 

 

下まつげのマスカラを綺麗に仕上げる4 つの方法

下まつげを塗る際、マスカラが肌についてしまったり、
目の中にコームが入ってしまった、という経験をされた方も多いでしょう。

しかし、目元のメイクは印象に大きな影響を与えますから、メイクしないというわけにはいきません。
今回は、失敗すること無く安全に下まつげのマスカラを綺麗に仕上げる方法を紹介します。

 

下まつげを塗る前の下準備

化粧前や眉毛を描く前など、キーポイントとなる箇所にメイクをするときは、
必ず下準備をするように、下まつげにも前準備が必要です。

下まつげは塗りにくいのではなく、準備がきちんと行なわれていないだけなのです。
では下まつげを綺麗に塗る前の下準備を紹介します。

 

  1. 「スクリュー」という螺旋状になったブラシを使って、下まつげをとかします。
    これをすることで下まつげが整えられ、マスカラが格段に塗りやすくなります。
  2. マスカラに付いている余計な長い繊維やダマを取ります。
    上まつげに塗る際はあまり気にかけない方も多いかもしれませんね。
    しかし、下まつげはとても小さいので、長い繊維やダマは下まつげを塗る上でとても邪魔になるのです。ダマなどの処分に手時間がかかるとマスカラが乾いてしまうので、手際よく行うことがポイントです。

 

スプーンを使って塗る方法

一時期話題となったスプーンを使ったメイク法の1つを紹介します。
下まつげと皮膚の間にスプーンの柄を当て、その上からマスカラを塗ります。

そうすることで、スプーンが皮膚をカバーする形となって皮膚にマスカラが付かなくなります。
スプーンのデザインは、コンビニでヨーグルトなどを買った時に貰えるスプーンのような、
なるべく平らで小さい物が優秀です。

 

皮膚に付いたマスカラは放置せず、リムーバーで落とす

下まつげにマスカラを塗る際、なるべくまつげ以外にマスカラを付けないように注意していても、
まぶたなどについてしまうこともあるでしょう。

そんな時は、乳液又はリムーバーを綿棒に浸し、マスカラを落としてみて下さい。

これは、単にマスカラを取り除くだけではなく、
マスカラに含まれた余計な油でメイク崩れが起きてしまうことを予防しています。

目元は皮脂が溜まりやすい箇所でもあるため、
ミスをした場合は直ちに取り除くことをオススメします。

また、マスカラを落とした後はメイクも一緒に落ちている場合があるので、
フェイスパウダーを軽く付けておきましょう。

 

下まつげ専用のマスカラを使う

下まつげを綺麗に塗れない原因として、コームの大きさが挙げられます。

下まつげに対しコームが大きいと、まぶたにマスカラがついたり、
目を突いたりといった危険な状況が起こりやすくなります。

コームの大きさで不自由に思うことがあったら、下まつげ専用のマスカラを使ってみましょう。
下まつげ専用マスカラはコームが小さく、1度に多くのマスカラが付いてしまうこともなくなり、
小さな下まつげを塗るには最適なアイテムといえます。

 

綺麗に下まつげが塗れたら、その分だけアイメイクは華やかで大きく魅せることができます。
やり方を知ってしまえば、下まつげのメイクは手軽なものとなるでしょう。
是非、明日のメイクから取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

オトナ女子にご提案!クリスマスデートコーデ4選

今年のクリスマスももうすぐそこまで近づいてきています。
女性にとって、クリスマスデートは1年の中でも特に気合いが入る1日ですよね。
そんなスペシャルな日には、普段の自分と差をつけてオシャレな服を着てデートに挑みたいと思っている方も多いはずです。
でもまだ何を着ようか迷っている……とお悩みの方に、クリスマスにぴったりなトレント感もたっぷりのデート服をご紹介していきます!

 

クリスマスにおすすめワンピースorオールインワン

 

ガーリー系オトナ女子はちょっとオトナなワンピースを!

普段からガーリーが好きな甘め系オトナ女子さんはワンピースなんて着慣れているかもしれませんが、オトナっぽいちょっとよそ行きのワンピースがオススメ。
いつもは選ばない黒やネイビーなど、シックなオトナカラーのワンピースは意外と着回しが効くアイテムです。
バックやサイドにスリットが入っていたり、少しタイト目なワンピースを選ぶと体のラインが強調されます。ちょっぴりセクシーな雰囲気で女性らしさをアピールできますよ。
マーメイドスカートも今年じわじわと流行りの予感。スカートとトップスの色を合わせてセットアップ風に着こなせばとってもオシャレです!

 

トレンド重視オシャレオトナ女子はオールインワンをデート風に!

今年の春夏から引き続き大人気のワイドパンツタイプのオールインワンですが、小物をいつもと変えるだけで、簡単にデート向きのスタイルにチェンジできます。
ネックレスやピアスなどのアクセサリーはパール系をチョイスして華やかさを演出してください。
今年はファーをポイント使いするのがオシャレ女子の常識です。
各ブランドからファーをあしらったヒール靴やクラッチバッグが出ています。
どこかに1点だけファー小物を取り入れてみましょう。
コーディネートが重くならないようにどこか「肌見せ」をすることで、着こなしのバランスが取りやすくなります。
首元をマフラーなどで隠す時は、腕まくりで手首を出すなどの調節が大切です。

 

クリスマスだからこそ!男性ウケのいい服

 

ニットワンピース

やっぱり不動のデートコーデと言えばニットワンピではないでしょうか。
冬ならではのものですし、今年はトレンドにもなっているのでとてもオススメのデート服です。
今年のトレンドカラーがキャメルやブラウン、ベージュなどの落ち着いたカラーなので、ニットワンピでも子供っぽくなりすぎずに着ることができます。ハットや小さ目のショルダーバッグとの相性がよく、小物で個性を出していきましょう。
首元がタートルネックになっているタイプのワンピースが今年っぽくていいと思います。

 

クリスマスカラーを取り入れた服

赤、緑、白この3色はクリスマスを連想させてくれるカラーですよね。
とくに白い服は男性ウケ間違いなし! 清純なイメージを連想させてくれる白はデートにぴったりのカラーです。
コーディネートで取り入れるなら思い切って全身ホワイトコーデに挑戦してみてください。
今年は秋冬でもオールホワイトのコーディネートが流行っています。白いニットに白いパンツを合わせて赤や緑をメイクやバッグなどで取り入れられるとオシャレです。

 

 

いかがでしたか? クリスマスデートでの服選びのポイントは、「プチドレスアップ」がカギとなります。ぜひこれまでを参考に自分なりのコーデを楽しんでください。
大切なのは、品を残しつつ、肌をチラ見せさせてちょっぴりセクシー感を出すこと。今年のクリスマスはいつもと違う自分で彼を魅了しちゃいましょう!

 

 

 

 

 

冬のネイルはコレに決まり! オトナシンプルなワンカラーネイル

秋が過ぎて今年もいよいよ冬がやってきました。寒さが厳しい冬ですが、町はキレイだしファッションも楽しくて女子には気分が上がる季節でもありますよね。
そんな冬の季節は可愛いネイルでもっと気分を上げちゃいましょう!
最近ではどんなコーディネートにも似合う、シンプルな単色ネイルも人気が復活してきているみたいです。
そこで今回はオススメなオトナ可愛いシンプルネイルをご紹介していきます!

 

単色ぬりが可愛いオトナカラーネイル

 

ヌーディーなオトナベージュ

ヌーディーなネイルは大人な女性だからこそ似合うカラーです。
落ち着いたベージュならオフィスでも許されるところも多いのではないでしょうか。
透明感があってツヤっぽいカラーは指が長くきれいに見えます。

 

手元をクールに飾るグレー

上品でどんなコーディネートにでもマッチしてくれるグレーはここ最近で人気が出てきています。グレーはムラになりにくいのでセルフネイルの方にもオススメです。
薬指だけにシルバーなどのキラキラしたカラーを塗って組み合わせるとより冬らしくなりますよ。

 

 

冬に栄えるスケルトンホワイト

透け感のあるホワイトは冬にこそ試して欲しいカラーです。
短く整えた爪によく合い、ゴールドのラメパウダーを散りばめて華やかさをプラスすることで指先がパッと明るくなります。

 

 

オトナの色気漂うボルドー

もはや冬の定番カラーとなったボルドーですがやはり人気は衰えません。
冬は洋服が黒やネイビーなど黒くなりがちなので、爪先のボルドーカラーがポイントとなってくれます。

 

今年の大本命!ブラウン

ブラウンはファッション業界でも今年の注目のカラーです。
指先が暗くなりそうと思われがちですが、冬に付けたくなるゴールドの指輪との相性がぴったり。
今年のトレンドカラーをまずは指先から取り入れてみてくださいね。

 

とってもオシャレなダスティーカラー

最近話題の「ダスティーカラー」はファッションやヘアカラーでも人気が高く、ネイルにも取り入れることで、ぐっと今っぽくなります。
ダスティーとは、「灰色っぽい、くすんだような色」のこと。
そのダスティーカラーのイチオシネイルをご紹介します。

 

アンティークな雰囲気のダスティーピンク

オシャレカラーのダスティーパステルの中でも特に人気が高いのが、ダスティーピンクです。
ピンクのネイルには抵抗がある……というオトナ女子の方も、落ち着きのあるくすみピンクであれば可愛くなりすぎないネイルが完成します。

 

 

周りの人と差がつくカーキ

柔らかい色味が特徴のダスティーカラーならカーキのネイルも取り入れやすいと思います。
スモーキーなカーキはどんな色ともマッチするマルチカラーです。
グレーやベージュと組み合わせるとよりオシャレですよ。

 

普通のネイルには飽きた!そんな方にマットネイル

マニキュアを塗った後に出るツヤを消してマットな仕上がりにしてくれる「マットトップコート」というものがあります。
普段使っているマニキュアの上に仕上げでこれを塗るだけで、マットな仕上がりになります。特に黒やグレーなどのダークカラーに塗ると可愛いです。
とても簡単にマットネイルができるので大変人気です。ぜひお試しくださいね。

冬にぴったりなトレンドカラーをご紹介してきました。
コスメブランドからも、それぞれたくさん素敵な秋冬の新色が発売されています。
キラキラのラインストーンや3Dアートも可愛いですが、この冬はぜひシンプルにセルフネイルをお楽しみください。
キレイな指先で女子力アップも間違いなしです!

 

 

 

なりたい旬顔をカラコンで演出! カラコンの選び方

季節の変わり目は、ガラッとイメチェンをするのにぴったりです。
ファッションやメイクでもイメチェンをすることができますが、カラコンを使用したワンランク上のイメチェンに挑戦してみてはいかがでしょうか。
そこで今回はファッションやイメージ別に、カラコンの選び方を紹介します。

 

旬のハーフ顔になるにはコレ!

クールな印象とかわいらしい印象を併せ持った、ハーフ顔になりたいという女性も多いでしょう。
ハーフ顔になるにはメイクも重要ですが、カラコンはマストアイテムです。
カラー選びは慎重に行いましょう。
カラーは自然になじむブラウンやグレーがおすすめです。
グラデーションになっているタイプなら、よりナチュラルにハーフっぽさを演出することができます。
彫りの浅い日本人にはふちありタイプで目力アップをはかりましょう!

 

ぽわっとした優しい印象になりたい!

男性受けもいいぽわっとした優しい印象になりたいなら、断然ブラウンがおすすめです。
「いかにも」感がなく、いつもよりも少しだけ大きな瞳を作ることがポイントです。
14mmサイズならもともとの瞳の大きさにも馴染みやすく、カラコン初心者でもつけやすいですよ。
ウルッとした瞳にしたいなら、柄があまりないもので、ふちから自然なグラデーションになっているものを選びましょう。

 

 

クール系のファッションにイメチェン!

すっきりとしたクール系のファッションに挑戦したいという人には、ブラックやグレー、ブルー系のカラコンがおすすめです。
マニッシュなコーデやモード系のファッションを楽しみたい人にぴったりです。
しかしブラックのカラコンはヘアカラーもブラックだと重くなりすぎてしまいます。
濃いめのグレーやブラウンなど、ブラック以外のカラーを選ぶようにしましょう。

 

とにかくかわいらしいファッションに挑戦!

髪の毛も巻いて、かわいらしいファッションに挑戦したいという人には、ブラックかブラウン系がぴったりです。
とにかく瞳を大きく見せることがポイントです。
ブラックやブラウンなら失敗することも少ないので、どんな人にもおすすめできるカラーです。
ヘアカラーは濃いめのブラウンから明るめのブラウンまで、ヘアカラーも選びません。

 

ヘアカラーをうんと明るくしたいなら

金髪などハイトーンのヘアカラーに挑戦したい人は、ブラックや濃いめのブラウンのカラコンは残念ながら似合いません。
明るいヘアカラーに濃いめのカラコンだと、目だけが浮いて見えることも。
ハイトーンのヘアカラーには、グレーやシルバーなどのカラーがおすすめです。
ブラウン系を選ぶなら、なるべく明るめのブラウンを選びましょう。

 

初めてカラコンを使用するという人は特に、使用する前に医療機関を受診しましょう。
目に直接入れて使用するものですので、カラコンを使用しても問題ないかを調べる必要があります。正しく使って、ファッションを楽しみましょう。

 

 

 

今年の定番【2015冬ファッション】トレンドアイテム

今年の冬のファッションのトレンドワードは、昨年の秋冬に引き続きクラシカルとなっています。
60年代ファッションがトレンドとなった昨年冬ですが、今年は70年代が主流。
さっそく詳しくご紹介します!

 

70年代フェミニン」「ジェンダーニュートラル」

グラフィカルやジオメトリック、レトロチェックといった柄や、ノスタルジックなワンピースにポンチョといった70年代を代表する柄やシルエットを取り入れたアイテムに、ビッグトレンドのひとつであるファーやムートン、フリンジ系の小物アイテムをコーディネイトしたスタイルが人気です。

 

また、グローバルトレンドでもあるジェンダーミックスが先鋭化され、ジェンダーニュートラルとも呼べる流行となっています。大きめのサイズで丈は長め、全体的に細長いシルエットとストレートラインを意識したファッションです。メンズアイテムをそのまま合わせるのではなく、女性向けアレンジを施したメンズ風アウターや紳士靴ライクなローファーなどのアイテムに、ウィメンズアイテムを合わせて着こなします。

 

「ファー」「ビッグコート」

今年のビッグトレンドは、合成繊維を使用したエコファーとゆったりとしたシルエットのビッグコートです。
アウターやボトムズに小物アイテムと、幅広く使われている人気のエコファーですが、今年のトレンドは部分使いです。マフラーやシューズ、アクセサリーを合わせてフェミニンな着こなしに。
もうひとつのトレンド、ビッグコートは通勤通学などにも使える定番アイテムです。

 

 

「ハイネック」「ワイドパンツ」

インナーは縦長シルエットのハイネックが人気です。トレンドカラーの黒を持っておくと、他のアイテムとのコーディネートがしやすいでしょう。
またボトムズは、ガウチョパンツの流れを汲んだ、ゆったりとしたシルエットのワイドパンツに注目が集まっています。ガウチョパンツより丈が長く、より女性らしさが引き立つシルエットです。

 

 

「サイドゴアブーツ」「ミドルヒール」「バイカラーバック」「つば広ハット」

足元のオシャレの流行は、ブーツの両サイドに伸縮性のある素材を使用したサイドゴアブーツです。また70年代クラシカルに合わせたミドルヒールも人気となっています。
どちらもファッションスタイルを選ばずに合わせられ、気楽に履けるシューズです。ここ数年のトレンドアイテムでもあるので、持っておいて損はありません。

 

バックはフリンジ使いのバックやバイカラーバックが人気。2色使いのバイカラーバックは、ショルダーバックからトートバックまで幅広い種類があるので、用途に応じて使い分けられます。
ジェンダーニュートラルや70年代クラシカルを意識したマニッシュな帽子やつば広ハットもチェックしておきたいところ。トレンドカラーを取り入れることで甘すぎない着こなしができます。

 

「ミリタリー」「ロマンチックとガーリー」

他にはカジュアルテイストの強いミリタリースタイルや、ロマンチックとガーリーが注目のトレンドです。ビッグトレンドのカモフラージュ柄は、どちらのスタイルにも取り入れられる上に、普段使いのファッションとしても使えます。ワンピースやスカートなどに用いることで、甘すぎない着こなしが可能です。

 

この冬だからこそできるトレンドを取り入れたファッションを楽しんで下さいね!

 

 

 

デート成功のために!秋デートにおすすめコーデ3選

デート成功のために!秋デートにおすすめコーデ3選

 

秋デートで男性をキュンとさせるような今年のトレンドのおすすめコーデをここではデートのテーマ別に紹介します。

下記を参考にして、ファッションで男性の心をつかんでみてくださいね。

 

1.デートの定番、彼と一緒にショッピングをする時のコーデ

ショッピングをするならば、結構な距離を歩くことになります。ポイントは動きやすいファッションをするということです。

まず、トップスには今年のトレンドアイテムであるニットを選びましょう。

カラーはカーキやダークオレンジ、それにライトブラウンなどが人気です。もしコーディネートが難しいと感じたら、合わせやすく女性らしいヌーディーカラー、ベージュがオススメです。体型をキレイに見せたい場合は、形はVネックの物を選びましょう。

それを1枚でさらっと来て、ボトムにはトレンドの70年代スタイルの代表格ファッションとも言えるバギーパンツを合わせます。

カラーは、ホワイトで、女性らしく、そして、爽やかに着こなしましょう。ポイントにハイブランドのベルトをつけると、ファッションレベルがアップします。

足元はボルドーやカーキカラーのヒールの低めのパンプスを合わせ、さらっと大きめのクラッチバッグを持てば、露出度は少ないのにセクシーな男性がドキッとするようなファッションができ上がります。

 

2.ディナーコーデはちょっと大人めに

特別なデートの時、ディナーデートに行くなんて方も多いですよね。それならば、ポイントは夜の雰囲気に合わせてちょっと大人めなコーデに仕上げることです。

今年のトレンドを取り入れるならば、絶対にAラインのミニスカートのワンピーズがおすすめです。

色はブラック、もしくは、あえて赤や黄色などのカラーを選んでも、大人かわいい魅力が出ます。足元にはVカットされたブーティーを合わせたり、ファーの付いたヒールを合わせると、フェミニンな印象がアップして一気にデートスタイルに。

バッグには小ぶりなショルダーバッグを合わせればバービーのようになります。

 

3.憧れのドライブデートコーデ

ドライブデートもやはり動きやすくて身軽なファッションを選ぶのがポイントです。

トレンドとなっているレースをあしらった白や黒のトップスに、スリムタイプのダメージデニムとローヒールのパンプス。もしくはレースアップブーツ何かを合わせれば、今年らしく、しかも動きやすくてドライブに合ったカジュアルでおしゃれなファッションに仕上がります。

 

「トレンド女子になる」2015年の秋に履きたい靴6選

残暑も落ち着いてきて、過ごしやすい気候が続くようになりました。

少し肌寒くなる秋は、夏に比べて服のバリエーションも増えるのでオシャレの幅が広がりますよね。

そんな今年の秋のオシャレを満喫するためには、やはり今年トレンドのアイテムが欠かせません。

 

今回は、2015年秋トレンドの靴6選をご紹介します!

 

可愛く大人っぽく!トレンドシューズ6選

 

 

パーソナルカラーとモカシンタイプ

秋色の代表格とも言ってよいブラウンカラーは、今年のトレンドカラーでもあります。

秋の着こなしは、薄手の服を重ね着する方も多いので、ブラウンカラーでモカシンタイプの靴を選んでみてはいかがでしょうか。

 

ビジューのトップスやシフォンスカートと合わせて、

流行のショート丈のスカジャンと合わせれば大人甘辛コーデの完成です。

 

パイソン柄シューズ

今年は春夏もそうでしたが、アニマル柄が流行っています。

その中でもパイソン柄は、シューズとして取り入れたいマストアイテム。

 

ショートブーツやパンプスなどで落ちつたカラーをチョイスすれば、

シンプルなワンピースも合いますし、レザースキニーやダメージジーンズとも相性抜群です。

 

ファー付きシューズ

ファッションのトレンドアイテムにもなっているファーを靴に取り入れるコーディネートも流行中です。

バレエシューズやパンプスなどでもファーがついたものが販売されていますので、

カジュアルコーデや楽チンコーデに合わせることもできます。

 

カラーのスキニージーンズと合わせて上はドルマントップスなどにしても、

メリハリが出来て女性らしいスタイルを演出できるでしょう。

 

ブーティーは今年も来る!

秋冬のマストアイテムのブーティーは、今年も流行間違いなしです。

くるぶし丈のブーティーは全身にメリハリをつけるので、

女性らしいシルエットを作るだけでなくシックでクールな印象を持たせることができます。

 

今年はダークオレンジやライトブラウンがファッションではトレンドカラーなので、

落ち着いたカラーを選んでシックなコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

ボルドーカラーかカーキのパンプス

メイクでも注目されているカラーですが、ボルドーやカーキ色のパンプスも今年のトレンドです。

ロングスカートやショートパンツと合わせて、アクセサリーやニット帽などとカラーを統一するのも良いでしょう。

少し個性的なコーディネートをしたい時は、黒×ボルドーなどでメイク、コーディネート、アクセサリーを統一してみても秋らしく仕上がるでしょう。

 

レースアップシューズ

レースアップは、1足持っているとどんなファッションにも合わせやすくて便利です。

ブラックやブラウンのベーシックカラーを持っておくと、

仕事終わりに予定のある日も会社にバレないオシャレコーデをすることができます。

 

去年流行したチェスターコートなどとも相性が良いので、冬用も兼ねて1~2足購入してみても良いでしょう。

 

秋は、気候を気にせずオシャレを満喫できる季節です。

1日1日を楽しむためにも、靴からトレンドコーディネートを始めてみてはいかがでしょうか。

 

顔の印象を変える?自分の目に合うつけまつげの選び方

最近、様々なメイク方法や道具などが増えていて、女性の魅力をさらに上げています。
そんな中で目元のメイクは、顔全体の印象の決めてしまうポイントとして多くの女性が気にするポイントだと思います。

そこで今回は、自分に合うつけまつげの選び方、つけ方などについてお話しします。

 

 

つけまつげの選び方・つけ方

○目が小さい方のつけまつげ

目の幅が小さめの人は、つけまつげを目の幅に合わせてカットしましょう。
ナチュラルに見せるなら、まつげの目尻側をカットすると良いです。

つけるときのポイントは、目の縦幅と横幅を全体的に広げるようにつけることです。
目の縦幅を出すには、程よくボリュームのあるつけまつげを選びましょう。

また、横幅を出すために目尻より少し長めにアイラインを書き、
アイラインに合わせて目尻側からつけまつげを装着してあげるといいです。

 

○目が大きい人のつけまつげ

目が大きい人は、何もしなくても目にインパクトがありますよね。
そんな顔立ちの人が「ナチュラル」につけたいと思うなら、 
長さやボリュームが控えめのものを選ぶといい
でしょう。

ギザギザしてるようなつけまつげは、きつい印象に見えがちなので 曲線的なシルエットのつけまつげを選ぶのが正解です。

 

○一重の人のつけまつげ

一重の人は、目尻から中央くらいまで、上のまぶたが覆うようになっていることが多いため、
 目尻にポイントのあるつけまつげをするのがオススメです。

フルサイズのつけまつげをカットしても良いですが、 ハーフサイズのものを使うとより自然に仕上がります。

また、一重の場合のアイラインは、自分のまつげの隙間を埋めるように丁寧に引いておくといいでしょう。
自然に使うためには、つけまつげをする前に自分のまつげをビューラーでカールし、さらにマスカラでカールしてキープさせるのがポイントです。

 

○奥二重の人のつけまつげ

奥二重の人は、つけまつげの目頭部分がどうしても取れやすく、
瞬きのたびに違和感を感じる人も多いと思います。

そんな人にオススメなのが、フルサイズのつけまつげです。

つけ方はまず、目尻から黒目の内側のラインくらいまでの長さにカットします。

そして、目尻側から中央に向かって装着するといいでしょう。
また、つけまつげの目頭側の軸の端が目になじむようなものを選ぶと良いですよ。

今回は、自分に合うつけまつげの選び方とつけ方などについてお話ししました。
目元のメイクは顔全体の印象を決める重要なポイントです。
お話ししたことを参考に、自分に合うつけまつげを見つけメイクを楽しんでみてはいかがでしょうか。

2015年の秋はこれ!トレンドのアイテムとコーディネート

毎年変わるファッションのトレンドですが、

一体2015年の秋にはどういったアイテムやコーディネートが流行るのでしょうか。
ここでは、今年の秋ファッションのトレンドアイテムと、そのコーディネートの仕方について紹介したいと思います。

 

2015年の秋に欠かせないカラーはダークオレンジ

2015年秋ファッションに取り入れて欲しいカラーは、ダークオレンジでしょう。
ショップへ行くと、このカラーを使った服を見かけるのではないでしょうか。

しかし、ダークオレンジの面積を多くしすぎたコーデは難易度が高くなります。
そこで、まずダークオレンジを取り入れて欲しいアイテムが、ハットやパンプス、バッグなどの小物のアイテムです。

 

このダークオレンジのハットを使ったコーデですが、
インナーに白とネイビーのボーダートップスを合わせ、アウターにブラックのジャケットを取り入れます。

更にボトムはボーイフレンドタイプのダメージデニムを選び、裾部分をくるぶしが見えるように折り曲げます。
ここに赤いヒールありのパンプスを合わせて、足元には、細いチェーンのゴールドのアンクレットをつけます。
頭にはダークオレンジのハットをかぶると、スタイリッシュでカジュアルな中にも、オトナの女性なコーデに仕上がります。

ダークオレンジのパンプスを赤いヒールの代わりに取り入れても良いでしょう。
頭とつま先部分の色が統一されていることによって、ファッション全体にメリハリが感じられます。

 

 

70年代コーデに必須なバギーパンツで縦長シルエットに仕上げる

2015年秋ファッションは、夏に引き続き、70年代コーデがトレンドになるでしょう。
そのコーデに欠かせないのがバギーパンツと呼ばれる、いわゆる昔のラッパズボンです。

バギーパンツは基本の黒からダークオレンジ、
ブルーなどのカラーやチェック柄の物を持っておくと良いでしょう。

黒いバギーパンツに、こちらも今年トレンドとなるカラフルなボーホー系の柄のケープを合わせたりすると、シルエットが縦長になり、すらっとしたスタイルに見せることができます。

そこに合わせるのは、クラッチバッグに、パンツと同系色のショートブーツやヒールのあるパンプス。
今年らしい縦長で70年代風なバギーパンツコーデができ上がります。

 

 

今年の秋はレトロな雰囲気のファッションが流行ります。

カラーやアイテムは以上のようなものがトレンドになっているので、
いち早く取り入れて、おしゃれ度をアップさせてみてはいかがでしょうか。

 

夏こそ試したい! 「抜け感メイク」のポイント

ここ数年、ファッションも髪型もメイクも、「抜け感」を意識したものが人気ですね。
完璧に作り込むよりも、どこかに少し力を抜いた部分を作ることでこなれた雰囲気を出すスタイルです。

わかっていても、その抜き具合はなかなか難しいもの。
特にメイクは、一歩間違うと単なる手抜きメイクになってしまいそうで手を出しづらいと思っている方も多いのでは?

でも、素肌感を大切にしたい夏は、抜け感メイクを取り入れるのにピッタリな季節。
いつものメイクにちょっと抜け感を作ってみませんか?

夏におすすめの抜け感メイクのポイントをご紹介します。

 

 

ポイント① 黒のアイラインをやめる

普段のメイクに黒のアイラインをしっかり入れている方は多いと思います。
確かに黒のアイラインには目元をすっきりと引きしめて、瞳を大きく見せてくれる効果がありますが、

ちょっと目元の印象が強くなりすぎる面もあります。また、いつも同じ印象のアイメイクになりがちですよね。

アイメイクに抜け感を作るなら、ブラウンやカーキなどのやわらかい色でアイラインを引くのがおすすめです。
アイラインを引かず、濃いめのブラウンやグレーのアイシャドウをまぶたの際にぼかして仕上げるのも良いですね。

 

 

ポイント② 眉はふんわり、ナチュラルに

メイクで雰囲気が大きく変わりやすいのが眉ですね。
しっかりと作り込んだ眉は美しいですが、抜け感を意識する時にはちょっと浮いてしまいがちです。

自眉の形を生かしつつ、足りない部分だけを描き足すイメージでふわっとナチュラルに仕上げましょう。
髪の色より少し明るめの色を選ぶと良いですね。

眉頭がくっきりとするとしっかりメイクした感が出るので、軽くパウダーを乗せる程度にするのがおすすめです。

 

 

ポイント③ リップはあえて輪郭をぼかす

リップメイクに抜け感を作るなら、きちんとラインを取って仕上げるのではなく、
指やブラシでぼかして仕上げるのが良いですね。色は肌の色に合わせた明るめのものを選びましょう。
アイメイクなど他の部分にポイントを作る時は、グロスだけで仕上げるのも良いでしょう。


以上、夏におすすめの抜け感メイクのポイントをご紹介しました。

すべてを取り入れるのではなく、その日のファッションや気分に合わせて、
まずはどこかに一つ抜け感を作ってみるのが取り入れやすいと思います。

自分に似合う夏の抜け感メイク、いろいろ試してみてくださいね。

 

 

デートも仕事も楽チンにキマる、夏のロンパースコーデ5選

夏のコーデは、楽で涼しいものを追求するとコーデのパターンが似てきてしまうという人も多いのではないでしょうか?
冬場と違いあまり重ね着もしないので、よりコーディネートがワンパターンに見えてしまいがちですよね。
夏のコーディネートの幅を広げたいなら、ロンパースを取り入れてたコーディネートがオススメです。

今回は、夏のロンパースコーデ5選を紹介します。

 

合わせ方色々! ロンパースのオススメコーデ

ロンパースと聞くと、上下同じ柄に統一されてしまうから
余計にワンパターン感が増すのではないかと思われる方も居るでしょう。

しかし、素材・柄・色・形状とさまざまなデザインがあるロンパースは、
夏コーデの幅を広げてくれる素敵なアイテムなのです。

ここで、5つのオススメロンパースコーデを紹介します。

 

・シースルー素材ロング丈ロンパース×カーディガン

肩口やデコルテ部分がシースルーで透け感のあるロンパースは、
シックにもセクシーにも着こなすことができる大人の女性のマストアイテムです。

ロングタイプのロンパースで露出を抑えることで、
シースルーから透ける肌をより上品でエレガントに魅せてくれます。

オフィス・夜のお出かけで冷えが気になる際は、
カーディガンをプロデューサー巻きにして合わせるとより上品さが増すのでオススメです。

 

・無地ロンパース×カラー小物

無地のロンパースは、色味が暗くても明るくてもさまざまな柄と併せることができるので、
時間のない平日の朝に楽チンコーデが出来ます。

黒やグレー、ネイビーなどのダークカラーの場合はビビッドカラーのクラッチバッグ
淡い色合いのロンパースはエナメル生地や夏ならではのカゴバッグと併せるのも良いでしょう。

ゴールドやシルバーのアクセサリーとも相性が良いので、
仕事の後に遊ぶ予定がある日もガラッとイメチェンすることが出来ますよ。

・ガウチョロンパース×キャラピラソール
今年流行中のガウチョパンツとキャタピラソールの組み合わせは、
メリハリのあるボディラインを作りたい女性にオススメです。

ウエスト部分が太めの紐で絞られているガウチョパンツは、
より腰と足首が強調されるので着やせ効果があります。

あえて羽織りものはせず、女性らしい肩・ウエスト・足首を出して女性らしさを出すのも良いでしょう。
キャタピラソールはサンダル・パンプスのどちらもオススメです。
少しゴツゴツとした靴が、より足首の細さを際立たせてくれます。

 

・タンガリー生地ショート丈ロンパース×Tシャツ
タンガリー生地のロンパースは、夏も冬も着られる優秀なアイテムです。
襟があって7分丈~半袖のものがオススメで、
ボディラインの出るようなタイトなトップス部分であれば重ね着もしやすいです。

小さめのTシャツと重ね着して襟口から襟をのぞかせれば、ロンパースならではの統一感のあるコーデの完成です。
足元はグラディエーターサンダルなどを合わせ、夏らしい抜け感のあるコーデを演出するのもオススメ!

 

・ベアロンパース×タトゥーチョーカー
デコルテ部分を大胆に露出するベアタイプのロンパースは、
セクシーさを演出できるのですが、首元が寂しいコーデになってしまうこともあります。

そんな時にオススメなのが、シンプルでも存在感バツグンなタトゥーチョーカーです。
ネックレスのようにジャラジャラとせずピッタリと首にフィットし、華奢な首元を演出してくれます。


いかがでしたでしょうか?
夏のファッションを思う存分楽しむためにも、ぜひロンパースを取り入れてみて下さい!

 

知っておきたい! ネックレス選びの基礎知識

ネックレスはいろいろな場面で活躍するアクセサリーですね。

いくつあっても便利で、いろいろ欲しくなる人も多いのでは?

でも、「かわいいと思って買ったけど、付けてみたら似合わなかった……」なんて失敗をすることもありますよね。

そこで今回は、ネックレスを選ぶ時に押さえておきたい基礎知識をご紹介します。

 

シルバーとゴールド、どっちを選ぶ?

ネックレスを選ぶ時、ゴールドとシルバーどちらを選ぶか迷うことが多いのでは?

色味やデザインの好みで良いのですが、それぞれの特徴を知っておくことで選びやすくなるかもしれません。

 

シルバーは比較的柔らかい素材です。ボリュームがあり、繊細なデザインには向きませんが、

カジュアルなファッションに合わせやすく、男性でも抵抗なく身に着けることができるのが特徴です。

汗などで変色しやすく、マメなお手入れが必要となります。

 

ゴールドは、材質が硬く繊細なデザインのものを多く見かけます。

コーディネート次第で、カジュアルにもエレガントにも装うことができます。

 

もともとゴールドといえば、イエローゴールドを指していましたが、ホワイトゴールドや、近年ではピンクゴールドも市場に出回り、その可愛い色合いから女性の人気が高まっています。

 

 

体型や体格を知り、自分に合ったものを選ぶ

ネックレスをコーディネートする時にポイントとなるのは、長さとボリュームです。

 

人と同じネックレスを付けていても何か違和感を感じたことはありませんか?

体型体格は十人十色。合わないものを付けると欠点を誇張してしまうことにもなりかねません。

 

首が太め・短めの人には、長めのものやVラインになるようなもの、首回りの装飾が控えめなものが似合います。

縦長を強調することで、絶妙なバランスが生まれます。

チョーカーのような首回りの詰まったものや、長さが40センチ以内の短めのものは不向きです。

 

逆に首が細い、長い人には、長めのものよりも、チョーカーやボリュームのあるものがおすすめです。

 

どんなネックレスがあっているのか自分ではわからないという人は、友達に客観的に見てもらったり、店員さんに見立ててもらったりすると良いですね。

 

 

フォーマルな場面には何を選べばいい?

洋服やヘアスタイルと同様に、アクセサリーもTPOに合わせたコーディネートが大切ですね。

特にフォーマルな場面でのネックレス選びに悩んでしま方は多いのでは?

 

昔ほど厳しい決まりごとはありませんが、最低限知っておきたいことは、昼と夜で使い分けるということです。

 

昼は輝きが控えめなものを選びます。たとえばパールやサンゴなどで、もしビーズやラインストーンなら、光が控えめなシックなものを身に着けます。

一方、夜は華やかなものを。パールやクリスタル、貴石を使ったリアルジュエリーが一般的です。

 

ネックレスを選ぶ時は、素材やボリューム感、どんな場面で使うかを意識して選びましょう。

自分に似合って使いやすい、お気に入りのネックレスを見つけてくださいね。

 

1  2  3  4  5  6  次の15件 >>