TOP >> トレンド

トレンド

冬だからこそ!アクセントカラーを上手に取り入れるポイント

冬のコーディネートはどうしても落ち着いた色調でまとめてしまいがち。
シックではありますが、やはりそれだけだと暗い印象のコーディネートに見えます。
そこで取り入れたいのが「アクセントカラー」です。

これで失敗しない!知っておきたい「配色ルール」の基本

アクセントカラーを上手く使いこなすには、ある程度の配色ルールを知っておいた方が良いでしょう。
コーディネートの際に意識して欲しいのは「ベースカラー」「アソートカラー」「アクセントカラー」の3つです。

ベースカラー
コーディネート全体の大まかな雰囲気を作る色。7割くらいが理想。

アソートカラー
ベースカラーを引き立て、配色のバランスを取る。全体の2~3割ほど。

アクセントカラー
目をひくポイントを作ることでファッションにメリハリがでる。1割ほど。

全体の割合は少し違いますが、この写真でいうとベースカラーは黒、
アソートカラーはグレー、アクセントカラーは白ということになりますね。

まだ要領がつかめないうちは、黒、白、グレーなどをベースカラーにしてみましょう。
こうした無彩色(明度のみで変化する色)なら、どんな色とも合わせやすいのでコーディネートが考えやすくなると思います。

それでは次に、アクセントとして人気なカラーを簡単に取り入れるコツについてお話します。

女性らしさを強調する「レッド」

鮮やかなレッドは「女性らしさ」を幅広く演出する色として、女性からの支持が非常に高いです。
しかし、馴染み深い色である一方、いざ取り入れるとなると少し勇気がいる色ですよね。
初心者が主張の強いレッドを取り入れる場合は、面積をかなり小さく抑えた方が良いでしょう。
鞄ならクラッチ、ショルダーバックなどコンパクトなフォルムなら全体のコーディネートからも浮きにくくなります。

その他にも、ネイルカラーとして使うのもオススメです。
「赤のネイルだとセクシーな印象に偏りそう」と抵抗を感じる方はマットに仕上げてみましょう。

カジュアルにもシックにも「グリーン」

使いこなせれば上級者「イエロー」

イエローはどちらかというと扱いが難しい色です。
アクセントカラーとして使用する際も、ベルトなどのかなり小さい小物で取り入れることが多いよう。
そんなイエローを大胆に取り入れるなら、しっかり仕立てられたアイテムで。
テーラードジャケット、スラックスパンツなどなら、かっちりとした印象がイエローの奇抜さを中和してくれます。

今季トレンド「メタリックカラー」

今季最も注目が集まったのがこのメタリックカラー。
ランウェイでもシルバーやゴールドを使った小物が多く展開されていました。
トレンドを意識するのであれば、是非シューズで取り入れてください。
特にスニーカーならメタリック素材を程よくカジュアルダウンしてくれるのでオススメです。

最初にもお話したように、初めのうちは小さいものから取り入れていきましょう。
普段は選ばないような色もアクセントとしてなら挑戦しやすいですよね。
アクセントカラーを取り入れるだけで、いつものコーディネートが簡単にレベルアップできます。

ギャップで差をつける!アウターに合わせて考えたいインナーコーデ

寒さも厳しくなり、コートを着ない日の方が少なくなってきたのではないでしょうか。
アウター込のコーディネートを考える時の悩みと言えばワンパターンになりがちなこと。
とはいえ、屋内など暖房の効いた空間に入る時はアウターを脱ぎますよね。
こうしたアウター着脱の際にギャップを感じさせるコーディネートなら、ワンランク上のおしゃれを演出することができます。

今回は、ギャップ効果から考える冬のインナーコーデについてお話します。

トレンドのビッグシルエット×タイトスカート

トレンドである「ビッグシルエット」の影響で、今季はオーバーサイズなデザインのアウターが多く展開されています。
ビッグシルエットには小顔・着やせ効果など女性に嬉しい視覚効果がある反面、
身体のラインを隠してしまうことでコーディネート全体が単調になりやすいというデメリットがあります。
アウターにボリュームがある場合は、インナーにタイトスカートを取り入れてみましょう。
身体を覆うようなビッグシルエット、ボディラインを強調するタイトなスカートの
ギャップがコーディネート全体にメリハリを作り出します。

かっちりライダース×ふんわりシースルー

寒い季節の定番ともいえるライダースジャケットは男女問わず支持の高いファッションアイテムですよね。
機能性や着回し力でも優秀なライダースですが、かっちりとしたデザインのためマニッシュなイメージに偏りがちです。
メンズライクなアウターの中にはシースルー素材を取り入れるのがオススメ。
アウターを脱いだ際にレースやシフォンといったフェミニンな素材が現れることで、
印象のギャップを演出する
ことができます。

ライダースに限らず、MA-1やデニムジャケットといったメンズライクなデザインものにも積極的に合わせてみましょう。

シックなトレンチ×ノースリーブ

シックな印象のトレンチコートに是非合わせて欲しいのがノースリーブインナーです。
「冬なのにノースリーブ?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、
そのギャップが冬の単調な着回しのアクセント
となります。

ビジネスシーンでもカジュアルシーンでも活躍するトレンチだからこそ、
脱いだ時の腕の露出が新鮮に見えるのです。

そのため、ノースリーブインナーはセクシー系ではなく、清潔感のあるものを選びましょう。
例えばタートルネックなら首が隠れるので露出にメリハリがつきます。
また、ノースリーブシャツなら腕が出ていても健康的な印象に仕上がります。

冬はアウターに気を取られてインナーのローテーションが単調になりやすい時期です。
そんな季節だからこそ、アウターを脱いだ瞬間の印象を考えることでコーディネートの幅を開拓していきましょう。

参考リンク

「脱いだら「どきっ♡」のギャップを狙えっ!アウター×トップスのLOVEコーディネート」
http://mery.jp/45936

「アウターの下にはノースリワンピを忍ばせて」
http://mery.jp/55768