TOP >> トレンド

トレンド

低身長の悩みをカバーするコーデ術4選

 

「背が低くても流行りのファッションで思いっきりおしゃれを楽しみたい!」

そんな風に考えている小柄さんはとても多いと思います。

 

でも、身長が低いことが原因でサイズ感が合わなかったり着ぶくれして見えたりと、思うように着こなせないこともありますよね。

 

そこで今回は、低身長をカバーするコーデ術4選を紹介します。

次にショッピングに行くときの参考にしてみてくださいね。

 

小物使いで目線を上に

小物使いで高めの位置に目線を集めることを意識すると、身長の低さが目立たなくなります。

 

目線を集めるアイテムとしておすすめなのが「帽子」です。

どんなファッションにでも合わせやすいニットキャップは取り入れやすく便利ですし、

ハットならより効果的に目線を集めることができます。つばが広いものなら小顔効果も期待できますよ。

 

また、「ストール」で頭や首元にポイントを作るのもおすすめ。防寒や日焼け防止にも役立つのがうれしいですね。

 

「縦ライン」を意識して

全身のコーディネイトを考える時に「縦ライン」を作ることを意識することで、背を高く見せる効果があります。

 

ロングカーディガンやシャツワンピなどからTシャツを見せ、

縦長のラインを作ることですっきりとした印象を与えることができます。

インナーにストライプ柄を持ってくるとより効果的です。

 

ロングカーディガンやシャツワンピはちょっと抵抗がある、

という人は、普通の丈のものを使っても充分効果があります。

小柄さんには、カットソー1枚のスタイリングよりも羽織ものを取り入れるほうがおすすめです。

 

 

「ジャストサイズ」を選ぼう

 

洋服にダボつきがあると、どうしても身長の低さを際立たせてしまいます。

特にトップスはジャストサイズのものを選ぶことが大切です。

 

小さすぎてもボトムスとのバランスが取りづらくなってしまいますので、

ジャストサイズのものを選びましょう。デザインによってジャストなサイズは変わってきますので、

トップスを購入するときも必ず試着してサイズを確認してからにしましょう。

 

 

シューズ選びも大切

「ファッションを決めるのは靴」と言っても過言ではないほど、靴はかなり重要なアイテムです。

 

その日のコーディネートによって合わせる靴は変わると思いますが、

パンプスの場合はストラップのないものがおすすめです。

 

特に足首にストラップが付いているものは、詰まって見えてしまうので避けたほうが無難です。

またロングブーツよりもブーティやショートブーツがおすすめです。