TOP >> トレンド

トレンド

あなたはどのタイプ? 骨格診断でファッションを知ろう!

「かわいい!」と思って選んだ服が、「なんだか似合わない…」ことってありませんか?

その理由はもしかしたら、自分の骨格と体のラインに合わない服を選んでいるからかもしれません。

 

自分の体のラインを知り、自分だから似合うファッションがあることを知っておきましょう!

 

骨格診断の方法とは?

 

骨格診断では洋服から見える「手、手首、首、胸元」凹凸のある「腰、お尻、膝」を中心に診断されます。

体に触れると、骨っぽいか、筋肉質か、柔らかいかを判断し、その質感と全身バランスから診断結果を出します。

 

骨格診断によって大きく3つの骨格タイプに分けられます。

 

ストレートタイプ

体は筋肉で引き締まってメリハリがあり、凛としたかっこよさがあります。

パリッとしている、知的で聡明、頼りがいがある、そんな「デキる女」のイメージが似合うのがストレートタイプと言えます。

 

*似合うファッション・素材・柄*

*キレイめ:Vネック、タイトスカート、ハイゲージニット、チノパン、

*シンプル:細身の白シャツ、Tシャツ、ストレートパンツ、

*高級感:スーツ、トレンチコート、センタープレスパンツ

 

*素材:綿、ウール、カシミア、デニム、革

*柄:無地、ストライプ、タータンチェック、アーガイル

 

*似合わないファッション*

ジャージ素材、シフォン、麻、しわ加工、などはハリ感のある体型を生かせません

また二の腕やふくらはぎを出すと逞しく見えるので、手首足首を見せる程度にしましょう。

 

ウェーブタイプ

女の子らしい華奢な骨格が特徴です。体の厚みとボディの凹凸はあまりありません。

レースやフリル、ふんわりした可愛らしさ、やわらか感、などの「ふんわりフェミニン」が似合うと考えられます。

 

*似合うファッション・素材・柄*

*フェミニン:シフォンブラウス、サブリナパンツ、モヘアニット、ワンピース

*ふんわり:カットソー、フレアースカート、ロングシャツ、カプリパンツ

*装飾使い:レースブラウス、リボン付きブラウス、フリルシャツ

 

*素材:シフォン、ファー、モヘア、リボン、フリル、レース

*柄:シースルー、ピンストライプ、ギンガムチェック、ドット柄、小花柄

 

*似合わないファッション*

Vネックなどの胸元が開いた服、パリッとした素材は華奢な体を逆に貧相に見せます

わかりやすく言うとストレートタイプに似合う服装が似合わないタイプです。

 

ナチュラルタイプ

骨格や関節の造りが大きくがっしりしているものの肉感がなく

手足や首筋は筋張って、鎖骨、膝、くるぶしが目立つのがナチュラルタイプと判断します。

 

ゆったり感、洋服の中で体が泳ぐ雰囲気、ざっくりした曖昧さ、といった「天然ナチュラル」が似合うでしょう。

 

*似合うファッション・素材・柄*

*ナチュラル:麻のシャツ、ストレートデニム、チノパン、トレーナー

*ゆったり:ドルマンスリーブシャツ、カーゴパンツ、ボーイフレンドデニム

*天然素材:洗いざらしのシャツ、白シャツ、ダメージデニム

 

*素材:綿、麻、デニム、ジャージ素材、ムートン

*柄:無地、マドラスチェック、グレンチェック、ランダムドット柄、カモフラ柄

 

*似合わないファッション*

骨格がしっかりしているので、胸元の開いた服やキャミソールなどの骨格を見せる服装は避けた方がよいでしょう

痩せていても華奢なイメージがしないタイプなので露出はお勧め出来ません。

 

 

骨格診断を知ることで、自分の好きなファッションと似合うファッションは違うのかもということに気がつきます。

自分の体のラインを活かせるファッションを知る為にも、骨格のタイプを調べてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

アフターファイブを楽しもう! メイク直し4つのポイント

仕事が終わった後、まっすぐ家に帰るのはもったいないですよね。

せっかく17時や18時など早い時間に仕事が終わったなら、食事に行ったり買い物をしたり、思いっきり楽しんでしまいましょう。

 

アフターファイブを楽しむためには、一日過ごして崩れてきてしまった化粧はしっかり直したいですね。

簡単にできてきちんとしたメイクに見せる「化粧直しのポイント」をご紹介します。

 

 

ベースメイクはブラシで直す!

ベースメイクは一日経つとどうしても崩れてしまうもの。

その上からまたファンデーションを重ねてしまうと、逆に肌の粗が目立ってしまいます。

 

まずはティッシュや油とり紙などで皮脂を抑え、コンシーラーを使ってシミやくすみをカバーします。

そのあとパウダーファンデーションかルースパウダーをブラシで軽く乗せましょう。

乾燥が気になったら、スプレー式の化粧水や美容液などで保湿しましょう。

 

 

目元の崩れには綿棒を使って

人はまばたきをするので、目元のメイクは崩れやすいものです。

アイラインやマスカラがにじんでパンダ目になっていてはみっともないので、綿棒を使ってにじんでしまった分を落としましょう。

 

ゴシゴシとこすってしまうとシワやたるみの原因になってしまうので、

なかなか落とせない場合はリムーバーを使ってください。

汚れを落としてからアイラインを引きなおせば、朝メイクをしたときのようになりますよ。

 

 

口元はリップライナーできちんと直す

口紅やグロスが落ちてしまっているとだらしない印象になってしまいます。

特に夜遊びするなら口元のメイクはしっかり直したいところ。

 

リップライナーを使って輪郭をとり直し、口紅を塗ったあとグロスなどでツヤを出しましょう。

照明が暗いお店などに行く予定なら、仕事用の口紅よりもワントーン濃いものを選ぶのもおすすめです。

 

眉やチークはしっかりめに

アイブロウも知らない間に落ちているので、きちんと直しましょう。

 

昼間のメイクよりもしっかりめにのせてもいいですね。

中途半端に落ちてしまっている上からさらにペンシルを使って描いてしまうと重くなりすぎるので、

パウダータイプを使うと自然な仕上がりになります。また、疲れを感じさせないように、顔色をよく見せるチークも忘れずに。

 

メイクを直したら、最後にコロンやパヒュームオイルで香りをつけて仕上げを。

しっかりとメイク直ししてアフターファイブが思いっきり楽しんでくださいね。