TOP >> トレンド

トレンド

夏こそ試したい! 「抜け感メイク」のポイント

ここ数年、ファッションも髪型もメイクも、「抜け感」を意識したものが人気ですね。
完璧に作り込むよりも、どこかに少し力を抜いた部分を作ることでこなれた雰囲気を出すスタイルです。

わかっていても、その抜き具合はなかなか難しいもの。
特にメイクは、一歩間違うと単なる手抜きメイクになってしまいそうで手を出しづらいと思っている方も多いのでは?

でも、素肌感を大切にしたい夏は、抜け感メイクを取り入れるのにピッタリな季節。
いつものメイクにちょっと抜け感を作ってみませんか?

夏におすすめの抜け感メイクのポイントをご紹介します。

 

 

ポイント① 黒のアイラインをやめる

普段のメイクに黒のアイラインをしっかり入れている方は多いと思います。
確かに黒のアイラインには目元をすっきりと引きしめて、瞳を大きく見せてくれる効果がありますが、

ちょっと目元の印象が強くなりすぎる面もあります。また、いつも同じ印象のアイメイクになりがちですよね。

アイメイクに抜け感を作るなら、ブラウンやカーキなどのやわらかい色でアイラインを引くのがおすすめです。
アイラインを引かず、濃いめのブラウンやグレーのアイシャドウをまぶたの際にぼかして仕上げるのも良いですね。

 

 

ポイント② 眉はふんわり、ナチュラルに

メイクで雰囲気が大きく変わりやすいのが眉ですね。
しっかりと作り込んだ眉は美しいですが、抜け感を意識する時にはちょっと浮いてしまいがちです。

自眉の形を生かしつつ、足りない部分だけを描き足すイメージでふわっとナチュラルに仕上げましょう。
髪の色より少し明るめの色を選ぶと良いですね。

眉頭がくっきりとするとしっかりメイクした感が出るので、軽くパウダーを乗せる程度にするのがおすすめです。

 

 

ポイント③ リップはあえて輪郭をぼかす

リップメイクに抜け感を作るなら、きちんとラインを取って仕上げるのではなく、
指やブラシでぼかして仕上げるのが良いですね。色は肌の色に合わせた明るめのものを選びましょう。
アイメイクなど他の部分にポイントを作る時は、グロスだけで仕上げるのも良いでしょう。


以上、夏におすすめの抜け感メイクのポイントをご紹介しました。

すべてを取り入れるのではなく、その日のファッションや気分に合わせて、
まずはどこかに一つ抜け感を作ってみるのが取り入れやすいと思います。

自分に似合う夏の抜け感メイク、いろいろ試してみてくださいね。

 

 

デートも仕事も楽チンにキマる、夏のロンパースコーデ5選

夏のコーデは、楽で涼しいものを追求するとコーデのパターンが似てきてしまうという人も多いのではないでしょうか?
冬場と違いあまり重ね着もしないので、よりコーディネートがワンパターンに見えてしまいがちですよね。
夏のコーディネートの幅を広げたいなら、ロンパースを取り入れてたコーディネートがオススメです。

今回は、夏のロンパースコーデ5選を紹介します。

 

合わせ方色々! ロンパースのオススメコーデ

ロンパースと聞くと、上下同じ柄に統一されてしまうから
余計にワンパターン感が増すのではないかと思われる方も居るでしょう。

しかし、素材・柄・色・形状とさまざまなデザインがあるロンパースは、
夏コーデの幅を広げてくれる素敵なアイテムなのです。

ここで、5つのオススメロンパースコーデを紹介します。

 

・シースルー素材ロング丈ロンパース×カーディガン

肩口やデコルテ部分がシースルーで透け感のあるロンパースは、
シックにもセクシーにも着こなすことができる大人の女性のマストアイテムです。

ロングタイプのロンパースで露出を抑えることで、
シースルーから透ける肌をより上品でエレガントに魅せてくれます。

オフィス・夜のお出かけで冷えが気になる際は、
カーディガンをプロデューサー巻きにして合わせるとより上品さが増すのでオススメです。

 

・無地ロンパース×カラー小物

無地のロンパースは、色味が暗くても明るくてもさまざまな柄と併せることができるので、
時間のない平日の朝に楽チンコーデが出来ます。

黒やグレー、ネイビーなどのダークカラーの場合はビビッドカラーのクラッチバッグ
淡い色合いのロンパースはエナメル生地や夏ならではのカゴバッグと併せるのも良いでしょう。

ゴールドやシルバーのアクセサリーとも相性が良いので、
仕事の後に遊ぶ予定がある日もガラッとイメチェンすることが出来ますよ。

・ガウチョロンパース×キャラピラソール
今年流行中のガウチョパンツとキャタピラソールの組み合わせは、
メリハリのあるボディラインを作りたい女性にオススメです。

ウエスト部分が太めの紐で絞られているガウチョパンツは、
より腰と足首が強調されるので着やせ効果があります。

あえて羽織りものはせず、女性らしい肩・ウエスト・足首を出して女性らしさを出すのも良いでしょう。
キャタピラソールはサンダル・パンプスのどちらもオススメです。
少しゴツゴツとした靴が、より足首の細さを際立たせてくれます。

 

・タンガリー生地ショート丈ロンパース×Tシャツ
タンガリー生地のロンパースは、夏も冬も着られる優秀なアイテムです。
襟があって7分丈~半袖のものがオススメで、
ボディラインの出るようなタイトなトップス部分であれば重ね着もしやすいです。

小さめのTシャツと重ね着して襟口から襟をのぞかせれば、ロンパースならではの統一感のあるコーデの完成です。
足元はグラディエーターサンダルなどを合わせ、夏らしい抜け感のあるコーデを演出するのもオススメ!

 

・ベアロンパース×タトゥーチョーカー
デコルテ部分を大胆に露出するベアタイプのロンパースは、
セクシーさを演出できるのですが、首元が寂しいコーデになってしまうこともあります。

そんな時にオススメなのが、シンプルでも存在感バツグンなタトゥーチョーカーです。
ネックレスのようにジャラジャラとせずピッタリと首にフィットし、華奢な首元を演出してくれます。


いかがでしたでしょうか?
夏のファッションを思う存分楽しむためにも、ぜひロンパースを取り入れてみて下さい!