TOP >> トレンド

トレンド

顔の印象を変える?自分の目に合うつけまつげの選び方

最近、様々なメイク方法や道具などが増えていて、女性の魅力をさらに上げています。
そんな中で目元のメイクは、顔全体の印象の決めてしまうポイントとして多くの女性が気にするポイントだと思います。

そこで今回は、自分に合うつけまつげの選び方、つけ方などについてお話しします。

 

 

つけまつげの選び方・つけ方

○目が小さい方のつけまつげ

目の幅が小さめの人は、つけまつげを目の幅に合わせてカットしましょう。
ナチュラルに見せるなら、まつげの目尻側をカットすると良いです。

つけるときのポイントは、目の縦幅と横幅を全体的に広げるようにつけることです。
目の縦幅を出すには、程よくボリュームのあるつけまつげを選びましょう。

また、横幅を出すために目尻より少し長めにアイラインを書き、
アイラインに合わせて目尻側からつけまつげを装着してあげるといいです。

 

○目が大きい人のつけまつげ

目が大きい人は、何もしなくても目にインパクトがありますよね。
そんな顔立ちの人が「ナチュラル」につけたいと思うなら、 
長さやボリュームが控えめのものを選ぶといい
でしょう。

ギザギザしてるようなつけまつげは、きつい印象に見えがちなので 曲線的なシルエットのつけまつげを選ぶのが正解です。

 

○一重の人のつけまつげ

一重の人は、目尻から中央くらいまで、上のまぶたが覆うようになっていることが多いため、
 目尻にポイントのあるつけまつげをするのがオススメです。

フルサイズのつけまつげをカットしても良いですが、 ハーフサイズのものを使うとより自然に仕上がります。

また、一重の場合のアイラインは、自分のまつげの隙間を埋めるように丁寧に引いておくといいでしょう。
自然に使うためには、つけまつげをする前に自分のまつげをビューラーでカールし、さらにマスカラでカールしてキープさせるのがポイントです。

 

○奥二重の人のつけまつげ

奥二重の人は、つけまつげの目頭部分がどうしても取れやすく、
瞬きのたびに違和感を感じる人も多いと思います。

そんな人にオススメなのが、フルサイズのつけまつげです。

つけ方はまず、目尻から黒目の内側のラインくらいまでの長さにカットします。

そして、目尻側から中央に向かって装着するといいでしょう。
また、つけまつげの目頭側の軸の端が目になじむようなものを選ぶと良いですよ。

今回は、自分に合うつけまつげの選び方とつけ方などについてお話ししました。
目元のメイクは顔全体の印象を決める重要なポイントです。
お話ししたことを参考に、自分に合うつけまつげを見つけメイクを楽しんでみてはいかがでしょうか。

2015年の秋はこれ!トレンドのアイテムとコーディネート

毎年変わるファッションのトレンドですが、

一体2015年の秋にはどういったアイテムやコーディネートが流行るのでしょうか。
ここでは、今年の秋ファッションのトレンドアイテムと、そのコーディネートの仕方について紹介したいと思います。

 

2015年の秋に欠かせないカラーはダークオレンジ

2015年秋ファッションに取り入れて欲しいカラーは、ダークオレンジでしょう。
ショップへ行くと、このカラーを使った服を見かけるのではないでしょうか。

しかし、ダークオレンジの面積を多くしすぎたコーデは難易度が高くなります。
そこで、まずダークオレンジを取り入れて欲しいアイテムが、ハットやパンプス、バッグなどの小物のアイテムです。

 

このダークオレンジのハットを使ったコーデですが、
インナーに白とネイビーのボーダートップスを合わせ、アウターにブラックのジャケットを取り入れます。

更にボトムはボーイフレンドタイプのダメージデニムを選び、裾部分をくるぶしが見えるように折り曲げます。
ここに赤いヒールありのパンプスを合わせて、足元には、細いチェーンのゴールドのアンクレットをつけます。
頭にはダークオレンジのハットをかぶると、スタイリッシュでカジュアルな中にも、オトナの女性なコーデに仕上がります。

ダークオレンジのパンプスを赤いヒールの代わりに取り入れても良いでしょう。
頭とつま先部分の色が統一されていることによって、ファッション全体にメリハリが感じられます。

 

 

70年代コーデに必須なバギーパンツで縦長シルエットに仕上げる

2015年秋ファッションは、夏に引き続き、70年代コーデがトレンドになるでしょう。
そのコーデに欠かせないのがバギーパンツと呼ばれる、いわゆる昔のラッパズボンです。

バギーパンツは基本の黒からダークオレンジ、
ブルーなどのカラーやチェック柄の物を持っておくと良いでしょう。

黒いバギーパンツに、こちらも今年トレンドとなるカラフルなボーホー系の柄のケープを合わせたりすると、シルエットが縦長になり、すらっとしたスタイルに見せることができます。

そこに合わせるのは、クラッチバッグに、パンツと同系色のショートブーツやヒールのあるパンプス。
今年らしい縦長で70年代風なバギーパンツコーデができ上がります。

 

 

今年の秋はレトロな雰囲気のファッションが流行ります。

カラーやアイテムは以上のようなものがトレンドになっているので、
いち早く取り入れて、おしゃれ度をアップさせてみてはいかがでしょうか。