TOP >> トレンド

トレンド

クールにキメる! 大人っぽい前髪セット

前髪は雰囲気を作る上で大きなウエイトを占めていますよね。
シーンによって大人っぽく見せたり、自然さを出したりと目的別で前髪を工夫することは大切なことです。
今回はクールかつ大人っぽくキメる前髪のセット方法をここで紹介します。
ぜひ参考にしてみてください!

 

大人っぽく見せるなら、かき上げ前髪

大人っぽく見せる前髪は「かき上げ前髪」がオススメ。
基本的にかき上げ前髪にするときは、ある程度の長さがあると仕上げやすいのですが、
いわゆる「前髪ぱっつん系」の短い前髪でも問題ありません。
コツを掴めば好きにアレンジしていくことができますよ。

 

かき上げ前髪を作る方法

  1. カーラー、ヘアアイロン、コテ、スプレーを準備する
  2. ヘアアイロンを温めている間、前髪にカーラーを巻いておき、ヘアアイロンで内巻きにする
    このとき立ち上げを意識しながらヘアアイロンをあてるのがポイントです。
  3. コテを使ってねじりを入れ、ナチュラル感を出します。
  4. スプレーでキープすれば完成

 

流し前髪で大人っぽい雰囲気にプラスしたアレンジに

前髪を流す方向を変えるだけでも、印象を変えることができます。
ぱっつん系のままでも大人っぽい雰囲気になる人もいますが、
右側に流すのと左側に流すのでは雰囲気が変わってくるので一度試してみてください。

髪の流す方向で自分の雰囲気が変わるのが分かったら、
気分に合わせてセットを変えて楽しむことができますよ。

流し前髪はドライヤーを使った方法と、ヘアアイロンを使った方法があります。
ドライヤーを使う場合は、カーラーで前髪を上下に分けて巻き、
ドライヤーで冷風をあてて手ぐしで好きな方向に流してセットして下さい。

ヘアアイロンを使う場合は、髪をきっちりと流して安定させることができます。
コツはヘアアイロンをあてる前に、流したい方向と逆に前髪を引っ張っておき、
ヘアアイロンをあてて、流していきたい方向に巻いていくことです。
そうすることで、しっかりとした流し前髪を作ることができますよ。

 

フェイスラインを意識して自分に合った前髪を

自分のフェイスラインが意識できるようになると、
どんな前髪にしていけば良いのか分かりやすくなりますよ。

丸顔系なら縦のラインを強調した前髪にしましょう。
前髪を長くしたい人はセンターで分けるのがオススメです。

面長系なら横のラインを意識した厚めのある前髪にしましょう。
センターわけは縦のラインを強調してしまうのでNGです。

逆三角形ならボリューム感のある前髪にしましょう。前髪に動きをだすのもオススメです。
ベース型ならデザイン重視で、あまり前髪を厚くしないようにしましょう。
長めのセンターわけや、前髪を横に流してもよいでしょう。

このように、前髪セットにはフェイスラインをごとにコツがあります。
それでも迷ったときは、流し前髪を選んでみて下さい。

流し前髪なら、自分のそれぞれのフェイスラインに合わせたアレンジができますよ。

 

この冬人気の前髪セットは?

この冬はかき上げ前髪よりも、流し前髪+ナチュラルヘアーをセットにするのが流行しています。

流し前髪が流行しているのは「時短がしやすいから」という理由が大きくあり、
またナチュラルヘアーを組み合わせることで、どこか無造作な雰囲気を出しつつ格好いい「エフォートレス」なスタイルが演出されます。

かき上げ前髪も根強い人気があります。
フォーマルなシーンでも充分に対応できるので、必要に応じてセットを変えるのもアリです。

前髪は簡単に違った雰囲気を演出できるツールです。
ぜひいろんな前髪のセットの方法をためして、自分のレパートリーに取り入れていきましょう。

 

 

 

下まつげのマスカラを綺麗に仕上げる4 つの方法

下まつげを塗る際、マスカラが肌についてしまったり、
目の中にコームが入ってしまった、という経験をされた方も多いでしょう。

しかし、目元のメイクは印象に大きな影響を与えますから、メイクしないというわけにはいきません。
今回は、失敗すること無く安全に下まつげのマスカラを綺麗に仕上げる方法を紹介します。

 

下まつげを塗る前の下準備

化粧前や眉毛を描く前など、キーポイントとなる箇所にメイクをするときは、
必ず下準備をするように、下まつげにも前準備が必要です。

下まつげは塗りにくいのではなく、準備がきちんと行なわれていないだけなのです。
では下まつげを綺麗に塗る前の下準備を紹介します。

 

  1. 「スクリュー」という螺旋状になったブラシを使って、下まつげをとかします。
    これをすることで下まつげが整えられ、マスカラが格段に塗りやすくなります。
  2. マスカラに付いている余計な長い繊維やダマを取ります。
    上まつげに塗る際はあまり気にかけない方も多いかもしれませんね。
    しかし、下まつげはとても小さいので、長い繊維やダマは下まつげを塗る上でとても邪魔になるのです。ダマなどの処分に手時間がかかるとマスカラが乾いてしまうので、手際よく行うことがポイントです。

 

スプーンを使って塗る方法

一時期話題となったスプーンを使ったメイク法の1つを紹介します。
下まつげと皮膚の間にスプーンの柄を当て、その上からマスカラを塗ります。

そうすることで、スプーンが皮膚をカバーする形となって皮膚にマスカラが付かなくなります。
スプーンのデザインは、コンビニでヨーグルトなどを買った時に貰えるスプーンのような、
なるべく平らで小さい物が優秀です。

 

皮膚に付いたマスカラは放置せず、リムーバーで落とす

下まつげにマスカラを塗る際、なるべくまつげ以外にマスカラを付けないように注意していても、
まぶたなどについてしまうこともあるでしょう。

そんな時は、乳液又はリムーバーを綿棒に浸し、マスカラを落としてみて下さい。

これは、単にマスカラを取り除くだけではなく、
マスカラに含まれた余計な油でメイク崩れが起きてしまうことを予防しています。

目元は皮脂が溜まりやすい箇所でもあるため、
ミスをした場合は直ちに取り除くことをオススメします。

また、マスカラを落とした後はメイクも一緒に落ちている場合があるので、
フェイスパウダーを軽く付けておきましょう。

 

下まつげ専用のマスカラを使う

下まつげを綺麗に塗れない原因として、コームの大きさが挙げられます。

下まつげに対しコームが大きいと、まぶたにマスカラがついたり、
目を突いたりといった危険な状況が起こりやすくなります。

コームの大きさで不自由に思うことがあったら、下まつげ専用のマスカラを使ってみましょう。
下まつげ専用マスカラはコームが小さく、1度に多くのマスカラが付いてしまうこともなくなり、
小さな下まつげを塗るには最適なアイテムといえます。

 

綺麗に下まつげが塗れたら、その分だけアイメイクは華やかで大きく魅せることができます。
やり方を知ってしまえば、下まつげのメイクは手軽なものとなるでしょう。
是非、明日のメイクから取り入れてみてはいかがでしょうか。