TOP >> トレンド

トレンド

ギャップで差をつける!アウターに合わせて考えたいインナーコーデ

寒さも厳しくなり、コートを着ない日の方が少なくなってきたのではないでしょうか。
アウター込のコーディネートを考える時の悩みと言えばワンパターンになりがちなこと。
とはいえ、屋内など暖房の効いた空間に入る時はアウターを脱ぎますよね。
こうしたアウター着脱の際にギャップを感じさせるコーディネートなら、ワンランク上のおしゃれを演出することができます。

今回は、ギャップ効果から考える冬のインナーコーデについてお話します。

トレンドのビッグシルエット×タイトスカート

トレンドである「ビッグシルエット」の影響で、今季はオーバーサイズなデザインのアウターが多く展開されています。
ビッグシルエットには小顔・着やせ効果など女性に嬉しい視覚効果がある反面、
身体のラインを隠してしまうことでコーディネート全体が単調になりやすいというデメリットがあります。
アウターにボリュームがある場合は、インナーにタイトスカートを取り入れてみましょう。
身体を覆うようなビッグシルエット、ボディラインを強調するタイトなスカートの
ギャップがコーディネート全体にメリハリを作り出します。

かっちりライダース×ふんわりシースルー

寒い季節の定番ともいえるライダースジャケットは男女問わず支持の高いファッションアイテムですよね。
機能性や着回し力でも優秀なライダースですが、かっちりとしたデザインのためマニッシュなイメージに偏りがちです。
メンズライクなアウターの中にはシースルー素材を取り入れるのがオススメ。
アウターを脱いだ際にレースやシフォンといったフェミニンな素材が現れることで、
印象のギャップを演出する
ことができます。

ライダースに限らず、MA-1やデニムジャケットといったメンズライクなデザインものにも積極的に合わせてみましょう。

シックなトレンチ×ノースリーブ

シックな印象のトレンチコートに是非合わせて欲しいのがノースリーブインナーです。
「冬なのにノースリーブ?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、
そのギャップが冬の単調な着回しのアクセント
となります。

ビジネスシーンでもカジュアルシーンでも活躍するトレンチだからこそ、
脱いだ時の腕の露出が新鮮に見えるのです。

そのため、ノースリーブインナーはセクシー系ではなく、清潔感のあるものを選びましょう。
例えばタートルネックなら首が隠れるので露出にメリハリがつきます。
また、ノースリーブシャツなら腕が出ていても健康的な印象に仕上がります。

冬はアウターに気を取られてインナーのローテーションが単調になりやすい時期です。
そんな季節だからこそ、アウターを脱いだ瞬間の印象を考えることでコーディネートの幅を開拓していきましょう。

参考リンク

「脱いだら「どきっ♡」のギャップを狙えっ!アウター×トップスのLOVEコーディネート」
http://mery.jp/45936

「アウターの下にはノースリワンピを忍ばせて」
http://mery.jp/55768

実は一番難しい!「ナチュラルメイク」を綺麗に仕上げるポイント

最近ではファッションのジャンルに関係なく「ナチュラルメイク」が流行っています。
ナチュラルメイクはただ薄くすればいい、というわけではありません。
盛る部分もしっかり作らないと手抜きメイクのような印象になってしまいます。
一見簡単そうに見えるナチュラルメイクですが、実はとても加減が難しいのです。

今回はナチュラルメイクを綺麗に仕上げるポイントについてお話します。

すっぴんとは別物!「綺麗な素肌」風ベースメイク

ナチュラルメイクで最も重要となるのがベースメイクです。
これが濃すぎると全体が自然に見えず、逆に薄すぎると仕上がりが悪く見えます。
素肌に見えるよう薄付きにする代わりに、クマやくすみはピンポイントでカバーするのがコツです。

1.下地で透明感をつくる
顔の中心から外側に向かって下地を塗っていく。
白やピンク系の下地なら厚塗り感が出にくく、肌に透明感がでる。

2.コンシーラーで目元をスッキリ
目元のクマ、まぶたのくすみはコンシーラーでカバー。
指の腹でポンポンと叩くようにぼかして自然に仕上げる。

3.パウダーファンデーションはブラシで
ファンデーションはブラシにとり、顔の中心から外側に向かって塗っていく。
最初は軽くつけるだけにし、くすみが気になる部分だけ後で重ねる。

アイブロウはトレンドの「ボサ眉」を取り入れる

ナチュラルメイクには、太めで自然なラインの「ボサ眉」がぴったりです。
ボサ眉とは生まれつきの太さと長さを活かすアイブロウメイクのことを指します。
最近のトレンドでもあるので、ちゃんと垢抜けた雰囲気に仕上がりますよ。

1.明るめのアイブロウマスカラで眉頭を立ち上げる。

2.眉頭から眉尻までカラーを乗せたら、今度は逆方向に進みながら塗り直す。

3.マスカラに近い色のパウダー(アイシャドウでも可)をブラシに取り、薄めにアウトラインをつくる。

4.眉全体にもパウダーを乗せて、少しぼやかす。

シャドウでつくる「薄盛りアイメイク」

目もとは顔の印象を決める部位、ある程度盛らなければ薄っぺらい仕上がりになってしまいます。
自然にアクセントをつけるためには、シャドウやラインが強くなりすぎないように注意しましょう。

1.アイホール全体に明るいカラーのアイシャドウを塗る。
(肌馴染みの良いブラウン、ベージュ系など)

2.アイホールより少し濃いシャドウをブラシに取り、
二重幅ほどの細さで目の際に塗る。下まぶたは目尻側の3分の1だけに。

3.目頭にホワイトゴールドなどのハイトーンのシャドウを塗る。

4.まつげの根元をうめるくらいの細さでアイラインを引く。

5.ブラウンやピンクベージュ系のマスカラを塗る。

自然な仕上がりを重視するナチュラルメイクの場合、
肌の状態を重ね塗りで誤魔化すことが難しくなります。
メイクを始める前に5分ほどマスクパックをする、というのもオススメです。
それだけでも化粧乗りが良くなり、仕上がりの印象やメイクの持ちもかなり変わってきますよ。

参考リンク

「ナチュラル美人スタイル」
http://howto-beauty.com/category/make-up/trends/

「男性ウケ間違いなし♪ナチュラルメイクに仕上げる3つのポイント」
http://matome.naver.jp/odai/2139964291215005801

「ナチュラルかわいい!童顔メイク・ベース編」
http://allabout.co.jp/gm/gc/414803/

2014年秋冬はニット選びでトレンドをつかむ

ニットといえば毎年秋冬の定番アイテム。肌寒いとはいえアウターを着るには
少し早いこの季節こそニットが大活躍します。トレンドのニットを取り入れて、
一足先に秋冬コーディネートを楽しんでみませんか?
今回は2014年トレンドとして注目が集まっているニットをご紹介します。

スタイルアップ効果も狙えるVネックニット

Anton Oparin / Shutterstock.com

春から引き続き人気なのがチルデンニットです。
雑誌によっては「カレッジニット」や「テニスニット」など呼び名が変わっています。
Vネックにラインが入ったデザインで、スポーツルックとの相性はバッチリです。
逆にタイトスカートなどフェミニン要素を合わせてもバランス良くまとまります。

今年のトレンド感を強く出す場合は、首元が深く開いたものを選びましょう。
Vネックのシルエットやラインの縁取りにより、上半身がとてもスッキリ見えます。
着ぶくれしやすいニットのなかではスタイルアップに優秀なアイテムといえますね。

流行りのノームコアを目指すならクルーネックニット

最近NYで話題になった「ノームコア」という考え方。ノームコアとは、
ノーマルとハードコアを組み合わせた造語で「究極の普通」という意味です。
流行やハイブランドを排除するという意味ではなく、
シンプルかつベーシックなアイテムで「こなれ感」のあるコーディネートをするのがノームコアということです。

ノームコアにピッタリなのはクルーネックニットです。
首元のラインは丸くて少しつまり気味なクルーネックは、上手く着こなせないと少しやぼったい印象になります。
しかし、そのシンプルさを強調できれば最高のノームコアなわけです。
タイトなデニム、少しルーズなスウェットパンツを合わせて、
流行りのスリッポンやメンズライクシューズでほどよく個性を出しましょう。

オーバーサイズが旬なハイネックニット

2014年秋冬コレクションでは、ハイネックやタートルネックといった首をしっかり覆うトップスが多く目立ちました。
そのなかでも、秋冬トレンドのひとつである「ビッグシルエット」なデザインを意識して選びましょう。

首元はタイトでなく顎にゆるくかかるようなデザイン、
全体のシルエットもルーズなものの方がトレンド感を演出できます。

ハイネックニットにはミモレ丈スカートを合わせるのがおススメです。
今季よく見かけるシフォン素材のプリーツスカートなら、コーディネート全体が軽い印象になります。

ハイネックの時は布の分量が多く、首もつまった印象に見えます。
髪はアップスタイルにする、足首を見えるようにするなど、バランス感を工夫しましょう。

防寒としての役割はもちろんのことですが、
コーディネートに一着取り入れるだけでシーズン感を強く演出できる点もニットの大きな魅力です。
秋冬トレンドを意識するのであれば、まずはニットから抑えておきましょう。

参考リンク

「気になるトレンドNO1!「ノームコア」の秋冬取り入れ術★」
http://matome.naver.jp/odai/2141094491498617901?page=2

「あなたはどっち派?今年の秋冬「ニット」2大トレンド」
http://matome.naver.jp/odai/2141052333456591801

<< 前の15件  1  2  3  4  5  6  次の15件 >>